コマンドプロンプト 逆引き辞典
戻る
目次 コマンド覚書
マイコンピュータ内のフォルダをドライブと認識させる
使い方 C:\User\ユーザー名>subst Z: C:\Usersユーザー名\ZDrive <- 「C:\Usersユーザー名\ZDrive」フォルダをZドライブとする C:\User\ユーザー名>subst Z: /d <- Zドライブを開放する C:\User\ユーザー名>
ネットワークコンピュータ内のフォルダをドライブと認識させる
使い方 C:\User\ユーザー名>net use Z: \\コンピューター名\share\ZDrive <- 「C:\Usersユーザー名\ZDrive」フォルダをZドライブとする C:\User\ユーザー名>net use Z: /d <- Zドライブを開放する Z: との接続にオープン ファイルや未実行のディレクトリ検索があります。 切断を続行し、強制的に閉じますか? (Y/N) [N]: y Z: が削除されました。 C:\User\ユーザー名>
バッチファイル中のファイル名

バッチファイル中に「%~n0」や「%~dp0」といった記述をするとファイル名や親フォルダ名などが取得できます。

詳細は「call /?」を参照のこと。

便利バッチ
uniq

このバッチファイルを使用するには予めソートされている必要があります。

uniq.bat @echo off for /f "usebackq tokens=* delims=" %%i in (`findstr .*`) do call :sub %%i goto :EOF :sub if not "%PREV%"=="%*" ( set PREV=%* echo %* ) exit /b
使い方 C:\User\ユーザー名>type hogehoge.txt aaaa bbbb cccc bbbb aaaa C:\User\ユーザー名>type hogehoge.txt | uniq.bat aaaa bbbb cccc bbbb aaaa C:\User\ユーザー名>type hogehoge.txt | sort | uniq.bat aaaa bbbb cccc C:\User\ユーザー名>